イノベーションの機会を発見するアプローチを知る

新しいサービスをつくる時や今あるサービスを改善したいとき、UXという言葉をよく聞くようになりました。でも利用者がサービスを利用する時に「何を見ているのか」「何を考えているか」「どんなことを行おうとするか」を知らずに、作り手の一方的な「便利」を押しつけても、良いUXを提供することはできないのではないでしょうか。

UXFukuoka Vol.18 ではイノベーションのあるサービスを作り出すのに必要な、利用者の体験を視覚化し発見するアプローチを学びます。

ワークショップについて

ゲスト講師を迎えて、通年8回で人間中心設計のひととおりを学ぶカリキュラムの第2回目です。連続した内容ですが、知りたい講座だけでもしっかり学べます。

今回のテーマは「エスノグラフィとカスタマージャーニーマップ」。調査対象に密着し行動を共にする中で定性的に観察・理解・分析を行う「エスノグラフィ」と、サービスが提供するユーザー体験を視覚化する「カスタマージャーニーマップ」。これらを使い、イノベーションの機会を探ります。

過去のワークショップ

2013年の5月と12月に、同様のワークショップを行いました。5月は「人が観光案内をする」、12月は「商店街を利用する生活者」をテーマにエスノグラフィを行いました。特に商店街で行われたワークショップでは、商店街の関係者やまちづくりに関わる方も参加され、取り上げたテーマとマッチしていたため、とてもリアルな内容となりました。

こんな人におすすめ

商品やサービスの開発に関わる人、デザイナー、プログラマー、プロダクトマネージャー、プロデューサー、ユーザー体験の設計に関心のある方。

講師

浅野 智

ブログ:情報デザイン研究室
履歴:多摩美術大学 美術学部 卒業
多摩美術大学 大学院修士課程 美術研究科 修了
産業技術大学院大学非常勤講師
学位:修士(芸術学)
教育分野:情報デザイン・基礎デザイン
主な活動学会:日本デザイン学会・ヒューマンインターフェース学会・人間中心設計推進機構評議委員・情報デザインフォーラム
研究分野:情報デザイン教育・ユーザインタフェース・ユーザビリティテスト

スケジュール

9:30 受付開始
10:00 講義・課題説明・グループ分け
11:00 チームミーティング
11:30 フィールドワーク
14:00 再集合・カスタマージャーニーマップ講義
15:30 カスタマージャーニーマップの作成
17:00 プレゼンテーションスタート(1チーム5分)
18:00 プレゼン終了・講評
18:30 ワークショップ終了・懇親会

セミナー詳細

対象
  • 商品・サービス設計・開発に関わる方
  • デザイナー
  • プログラマー
  • プロデューサー
  • プロダクトマネージャー
  • UX(ユーザーエクスペリエンス)やHCD(人間中心設計)に関心のある方
日程 2014年7月26日(土) (9:30受付開始)
会場

クリエイティブセンター福岡
福岡市中央区今泉1-20-2
天神MENTビル8F

持参するもの
定員 35人
参加費
一般 ¥4,500
一般(当日) ¥5,000
共催

特定非営利活動法人 AIP

運営・お問い合わせ

UXFukuoka

懇親会

会場 セミナー会場で簡単な懇親会を行います
会費 1,000円程度

2014年度
人間中心設計セミナー カリキュラム

2014年度のUXFukuokaでは、福岡で初の「人間中心設計」を学べるカリキュラムを計画しています。6月からスタートし、来年3月までを通して参加すると、UXの設計手法のひとつ、人間中心設計の一通りを学習することが出来ます。

もちろん、興味のある回のみの参加でもしっかり学ぶことが出来ます。

6月 オブザベーション(観察法)
7月 エスノグラフィとカスタマージャーニーマップ
8月 ユーザビリティ評価(観察法)[準備中]
10月 ユーザビリティ評価(NE比分析)
11月 ペルソナ/シナリオ法
12月 構造化シナリオ法
2月 ペーパープロトタイピング
3月 ビジネスモデルジェネレーション

※ 上記カリキュラムは予定です